小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

激化する「関西スーパー」争奪戦 鍵を握るオーケー会長・飯田勧氏の存在

公開日: 更新日:

 だが、なぜ、これほど関西スーパーはオーケーの提案を嫌がり、H2Oとの統合を進めようとするのか、そこにはオーケーを率いる会長で創業者の飯田勧氏の存在が影を落としている。飯田氏は海軍兵学校出身で、セコム創業者の飯田亮氏ら創業者揃いで有名な飯田5兄弟の三男。立志伝中の人物だ。

「オーケーの買収提案(6割強のプレミアム)は関西スーパーの株主にとって魅力的ですが、関西スーパーの経営陣にとっては不安なのだろう。オーケーは買収後も関西スーパーの現社長、会長の続投を挙げているが、オーケーの飯田会長が実際にどういった動きをするのかは分からない」(メガバンク幹部)という。

■商社の代理戦争とも

 また、今回の関西スーパー争奪戦は、トップ商社の地位を巡りしのぎを削る三菱商事と伊藤忠商事の代理戦争との見方もある。オーケーの社長は三菱商事出身者で、保有株式も比率が高い。一方、伊藤忠商事はかつて関西スーパーの5%弱の株式を保有する実質的な筆頭株主であった。関西スーパーを巡る争奪戦については、取引銀行もM&A案件として注目している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

    独のアウトバーンで時速416キロ記録! ベルリン運輸省は激オコ声明を発表

  3. 3
    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

    先輩・中尾ミエが後輩・小柳ルミ子を「挨拶もできない」コテンパン…2人の本当の仲は?

  4. 4
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 5
    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

    マンション管理員の定説「元学校の先生、元警察官、元お役人は向かない」

もっと見る

  1. 6
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 7
    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

    日テレ桝太一アナ電撃退社の真相 全番組降板のはずが「バンキシャ!」だけ継続するワケ

  3. 8
    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

    モラハラ疑惑の体操・内村航平もトリガーに?「偏食」離婚は意外と根深い

  4. 9
    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

    内村航平“モラハラ報道”に実母が反撃 妻側の「リーク」があったと泥仕合の様相

  5. 10
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!