中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

米国ではなく中国がくしゃみをすれば世界が、そして日本が風邪を引く

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言が明けた今月上旬、東京の上野駅から御徒町駅へと続く線路ガード下の飲み屋街は、いずこも正午前から飲食を楽しむ老若男女であふれていた。ただ、10月1~7日の大型連休「国慶節」だった中国、香港などの外国人観光客は見られず、コロナ禍前の状態には戻っていない。

 内閣府の9月の景気ウオッチャー調査(調査期間9月25~30日)では、景気の現状判断DIは42.1と前月から7.4ポイント上昇し、先行き判断DIも56.6と3カ月ぶりに好不況の分岐点である50を超えた。

 ただし、貿易立国の日本の景気を左右するのは輸出であり、世界情勢の影響を受ける。日本の最大輸出先は、中国、次いで米国である。日本貿易会の「日本貿易の現状2021」によれば、2020年の日本の主要貿易相手国シェアでは、輸出のベスト5は、中国22.0%、米国18.4%、韓国7.0%、台湾6.9%、香港5.0%。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去