日大背任事件まさかの2度ガサ入れ…ドン田中理事長のアキれた“ごっつぁん”体質

公開日: 更新日:

「送金は誰が指示したんだ」

 今月7日、東京・杉並区の自宅に2度目の家宅捜索が入ると、日大のドン、田中英寿理事長(74)は慌てた様子で周囲に、こう漏らしたという。まるで何も事情を知らされていなかったかのような発言だが、検査入院中だった田中理事長は、まさか2度もガサが入るとは思わなかったようだ。

 日大医学部付属板橋病院の建て替え工事をめぐる背任事件。逮捕された同大理事の井ノ口忠男容疑者(64)は日大から業務委託を受けた関連会社「日大事業部」の役員を務め、実質的に支配していた。井ノ口容疑者は同大が都内の設計事務所に支払った着手金約7億3000万円のうち、2億2000万円を大阪市の医療法人前理事長、籔本雅巳容疑者(61)が全株式を保有する都内の医療系コンサルタント会社に送金させた。当初、井ノ口容疑者は設計事務所に対し、受注の見返りとして3億円超を払うよう要求していたという。井ノ口容疑者は8日、事業部取締役を解任され、臨時理事会で辞任勧告が決議された。

 田中理事長は特捜部の任意の聴取に対し、「自分は関係ない。金はもらっていない」とした上で、金がコンサルタント会社に送金されたことについては「後から聞いた」と話し、スキームに関しては「よく分からない」と関与を否定しているという。すでに一部メディアは、井ノ口容疑者から理事長に3000万円が渡ったと報じている。

「理事長は事業部を側近中の側近である井ノ口容疑者に好きなようにやらせ、2014年に13億円だった売り上げを19年には90億円まで伸ばした。金さえ稼いでくれれば、手段については口を挟まなかった。細かいことは気にしない性格で、相撲一筋でしたから、複雑なスキームが分からないのはその通りかもしれません。金を受け取っていたとしても、『出どころは知らなかった。何の金か知らなかった』で押し通すことも考えられます」(捜査事情通)

理事長室前にはゼネコン関係者が列をなす

 田中理事長は13年、日大の工事を請け負った建設会社から、500万円超のリベートを受け取ったと報じられた。その後、特別調査委員会が結成され、調査が進められたが、結果を待たず、なぜか途中で終了した。以降も国税局や警視庁には、次々と金にまつわる内部告発が寄せられたが、表面化することはなかった。

「理事長は大学時代に『アマ相撲界の大鵬』と呼ばれ、その後も指導者として相撲界に君臨。ごっつぁん体質が染み付いてます。国内最大のマンモス大学ですから、大学施設を建設するたびに莫大な金が動き、業者の選定は理事長の胸三寸で決まります。日大本部5階にある理事長室前の廊下には、主にゼネコン関係者が山のような付け届けを抱え、常時20組ほどが列をなしています。夜は夜で理事長の奥さんの優子さんが経営するちゃんこ屋に顔を出し、ご機嫌を取らなければなりません。理事長が唯一、頭が上がらないといわれる優子さんに気に入ってもらわないと、何の仕事も回してもらえないからです」(日大関係者)

「『差し上げます』と言ったものをもらって、何が悪い」なんて言い訳は通用しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去