中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

中国恒大デフォルト懸念で「Withコロナの秋」株式市場は疑心暗鬼に

公開日: 更新日:

 先週は、秋のお彼岸。知人の大型トラックの女性運転手も仏花を購入していたが、地元のホームセンターでは仏花を購入する人が目立っていた。大都市の狭い住宅と異なり、地方都市は、自宅の部屋数が多く、仏間に大きな仏壇を配置、祖先の遺影などを飾り、供養、感謝する慣習がいまも残る。「Withコロナ」でも、近隣住民との付き合いは濃密で、隣の人とは会話もしない「人間砂漠」と評された大都市とは異なっている。

「Withコロナ」で迎える衆議院議員選挙。自民党は総裁選を通して、党員・党友ら組織の引き締めを図り、臨戦態勢を整えた。菅政権で低迷した内閣支持率も過去の出来事のように万全の体制に入った。1994年、河野洋平総裁下で自民党は、弊害があるとして「事実上」派閥を解消、マスコミも「旧○派」と報じていたが、いまでは、派閥の弊害に言及する評論家さえ見られない。

 2004年の米国のマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「華氏911」(04年カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドール受賞、米国では上映禁止)では、米国のジョージ・W・ブッシュ大統領政権時の01年9月11日の同時多発テロ後への対応が描かれている。米軍によるイラク人女性や子供も含む無差別爆撃、裸足のイラク人男性への虐待などが写され、投獄、拷問も含めて数万のイラク人市民が殺された。イラクに大量破壊兵器はなく、「事実」が歪められていた。我が国でも「もりかけ」「桜を見る会」など「事実」不詳のまま「Withコロナ」の中、風化しつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由