佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

「致知」の愛読者、SBIホールディングス北尾吉孝CEOに感じるウサン臭さ

公開日: 更新日:

北尾吉孝がワンマンの会社である。SBIはソフトバンク・インベストメントの略。菅義偉に取り入って地方銀行の再編に暗躍する人物といわれるが、「人間学を学ぶ月刊誌」の『致知』の推奨者としても知られる。

『致知』は先日も『毎日新聞』等に1面の広告を出していたが、そこに北尾は「43年という長きに亘る人間学の啓蒙活動に深甚の敬意を表したい」という推薦文を寄せている。他に千玄室、王貞治、中西輝政、鈴木敏文、松岡修造らが並ぶ。しかし私はこの雑誌にウサン臭いものを感じている。それはそのまま北尾に対する印象にも通じる。

『致知』を始めた地産の竹井博友はおよそ30年前に脱税で逮捕された。その時、同誌の1991年8月号にこんな「あいさつ」が載ったのである。

「この度は、竹井博友・元顧問に関して読者のみなさまに、大変ご心配、ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」と始まったそれは、「ただ、雑誌というものは、執筆者のものでもなければ、発行人のものでも、編集人のものでもありません。雑誌はあくまで読者のものであると考えます」と続き、「『致知』が今日までの雑誌に育ってきましたのも、読者のみなさまが、『致知』という雑誌の基本的姿勢に共感、共鳴くださったからだと思います」と泣き落としにかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

  2. 2
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 3
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 4
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 5
    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

もっと見る

  1. 6
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

  2. 7
    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

  3. 8
    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

  4. 9
    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

  5. 10
    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況