有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

コスモス薬品は食品を武器にドラッグストア業界3位に躍進

公開日: 更新日:

 ドラッグストアの業績に格差がつき始めている。インバウンドを取り込んできたチェーンが停滞する一方、食品を地道に拡充したところの成長に弾みがついた。

 福岡県を地盤とするコスモス薬品が「フード&ドラッグ」の代名詞となっている。2021年5月期の連結売上高7264億円は、ウエルシアホールディングス(東京、9496億円=21年2月期)、ツルハホールディングス(北海道、9193億円=21年5月期)に次いで業界第3位。期末の店舗数は1130店で、並み居る大手の半分、業界8位の規模なのに大躍進を遂げた。

 大手チェーンがM&A(合併・買収)を繰り返して規模を拡大してきたのに対し、コスモス薬品は一度もM&Aをやらずに売上高3位の好位置にまで駆け上がってきた。業界で「西のドラッグストアの雄」と呼ばれている。

「我流」の出店戦略をライバルが警戒

 ライバルが警戒するのは、「我流」(会長の宇野正晃)と評する出店戦略だ。人口1万人の商圏に1000~2000平方メートルの売り場面積を持つ大型店を建てる「小商圏型メガドラッグストア」が基本戦略である。加えて、EDLP(エブリデー・ロー・プライス=毎日安売り)を徹底することで集客力のアップを図っている。

 来店客はショッピングカートを押し化粧品、日用品、加工食品、酒類などが並ぶ大きな店内を巡る。1階は50台以上入る大型駐車場。都市部で見慣れたドラッグストアとは異なる光景だ。

 売り上げに占める食品比率は業界内で驚異的といわれている57.9%に達している。コストがかかる生鮮食品(肉・魚・野菜)を扱わず、加工食品や冷凍、チルド食品に的を絞った形で食品売り場を展開してきた。だが、大手チェーンが生鮮食品を相次いで導入したこともあって、本拠地である九州地区で生鮮食品の取り扱いを始めた。

 九州地区でドミナントを形成し終わると、04年に中国地方、05年に四国、10年には関西、そして15年に中部へと進撃。19年4月、東京・広尾に出店して関東に進出を果たした。

 郊外型が主力だが、訪日客需要が見込まれる駅前中心部への出店に踏み切った。東京・渋谷の東京メトロ日比谷線広尾駅前に出店したのは、都心部出店強化策の一環である。

 東京進出は創業者である宇野の悲願であった。「地盤をしっかり固めてからでないと、東京に出てもすぐに倒れてしまう」と考え、出店は急がなかった。店の強さを磨き込むことに専念してきたわけだが、「生きている間に(東京に)出られてよかった」と、宇野は周囲に漏らしているという。

 コスモス薬品は首都圏では無名である。どう戦うのかと観察していたら、調剤事業に本格参入することを決めた。22年5月期に調剤サービスを併設したドラッグストアを関東を中心に20~30店開設する。新型コロナウイルス禍で薬局が薬剤師の採用を手控え、薬剤師を確保しやすくなったこともあり、出店を加速する。

 調剤併設型を関東圏で展開することを株式市場は素直に好感した。8月23日の株価は年初来高値の2万200円をつけた。時価総額7896億円はウエルシアHD(8595億円)に次いで業界2位だ。

 地方の食品中心の郊外型大型店を得意としてきたコスモス薬品は調剤併設店を武器に、大型再編の嵐が吹き荒れる首都圏に切り込んだ。真価が問われている。(敬称略)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる