日下部理絵
著者のコラム一覧
日下部理絵マンショントレンド評論家

第1回マンション管理士試験に合格。管理組合の相談や顧問業務、数多くの調査から既存マンションの実態に精通する。また穴場の街ランキングや新築マンション情報など、マンショントレンドにおいても見識が深い。ヤフーニュースへの記事掲載は300回以上。テレビ・ラジオなどのメディア、講演会・セミナーでも活躍中。主な著書は『すみません、2DKってなんですか?』(サンマーク出版)、『マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!』(ダイヤモンド社)ほか多数。講談社ムック「はじめてのマンション購入 成功させる完全ガイド 2021-22」でも新しい生活様式に合わせたマンション選びやマンショントラブルについて寄稿している。

コロナ禍で急増する「マンションご近所トラブル」の実態

公開日: 更新日:

 いまマンション住民の間で「ご近所トラブル」が増加しているという。コロナ禍で、新しい生活様式が推奨され、テレワークなど「おうち時間」が増えたためだ。今後マンションを初めて購入する人は、具体例を知って気をつけてほしい。マンショントレンド評論家の日下部理絵氏に寄稿してもらった。

 ◇  ◇  ◇

■ペットトラブルが急増

 おうち時間が増えたことにより、ペットを飼い始めるご家庭が増えました。特にお子さんのいるご家庭では、一斉休校などが大きく影響しました。

 ペット増により、鳴き声やニオイへの苦情が寄せられています。近隣が飼っているペットが原因で動物アレルギーを発症してしまったというケースも。

 なかには「ペット禁止」のマンションにも関わらずコッソリ飼っている……という明らかなマナー違反な住民まで現れる始末です。

■バルコニー問題

 テレワークが増え、バルコニーで日中タバコを吸う住民が増えました。近隣から「洗濯物に臭いがつく」「灰が飛んできた」などのクレームが管理組合に寄せられるように。さらに、ボヤ騒ぎにまでなったマンションもあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由