伊藤美誠のネックレスも話題沸騰 オリンピックで注目を集める意外な会社

公開日: 更新日:

 新型コロナの感染拡大が株式市場を弱気にさせている。先週末の日経平均は500円近く下落した。

「株式マーケットは都内の感染者数を5000人までは織り込んでいると思います。ただ、そこを超えてくると暴落の危機です。一方、オリンピックはメダルラッシュで関連銘柄の動きは好調。市場はコロナと五輪の綱引きが続き、方向性が定まりません」(市場関係者)

 日本選手のメダル獲得により、株価上昇の会社が続出中だ。サーフボードやスケートボードを扱うモリト(東証1部)は、13歳の西矢椛がスケボーで金メダルを獲得した7月26日にストップ高まで急騰した。

 卓球伊藤美誠が身に着けていたネックレスにも話題沸騰。磁気治療器のコラントッテ(東証マザーズ)の商品で、この会社の株価は26日に一時、前日比で約22%上昇。こちらもストップ高だった。

「伊藤選手のシングルスの試合では、タイムアウトのときにコーチがノートを見ながら話していました。コクヨ(東証1部)の『キャンパスノート』です。個人投資家はそんなところも見逃しません」(前出の市場関係者)

 コクヨも27日は一時、1.6%高まで株価アップしている。

「スケボーやサーフィンは五輪が終わっても、競技人口は増えるでしょうし、株高傾向は継続すると思います」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

株価上昇の銘柄も次々と登場

 市場の注目は選手らが発信するSNSにも向かう。海外選手が選手村で食べている料理の写真や動画などだ。「これまでで一番のギョーザ」といった投稿や、インスタにアップされた「お好み焼き」「巻き寿司」「天ぷら」……。

「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(東証1部)は、先週末(30日)の終値が前日比10円高の5860円。日経平均が大幅下落した中での株高だけに、市場からは“五輪選手のインスタ効果”との声も聞かれた。

 海外記者にはプレスルームにあるパンが人気らしい。パッケージには「苺ジャム&マーガリンサンド」「ピーナツバターサンド」と書かれてある。投稿された写真から社名は確認できないが、山崎製パン(同)の「ランチパック」に似ている。

「食だけではありません。東京の水道水はキレイだと投稿した金メダリストもいます。選手村にある水ステーションを実際に利用している動画です。日本の水処理技術に注目が集まれば、水処理大手の栗田工業(同)やオルガノ(同)は世界から脚光を浴びるでしょう」(清水秀和氏)

 選手村の外からも、海外メディアのSNS投稿が相次ぐ。目立つのはコンビニに関する内容。

「セブン-イレブン(セブン&アイHD=同)をはじめ、ローソン(同)やファミリーマートといった日本のコンビニは海外から見れば驚愕でしょう。総菜などが充実し、商品はキレイに並べられています。おにぎりやサンドイッチがおいしいとの投稿も多いですね。コンビニの海外進出をさらに後押しする可能性があります」(証券アナリスト)

 ローソン株の30日終値は前日比20円高の5490円と好調だった。

 東京五輪の閉会式は8月8日。まだまだ熱戦は続く。思いもよらない急騰銘柄が飛び出すかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…