ソフトバンクvs楽天<1>奇々怪々な巨額訴訟事件の発端

公開日: 更新日:

 コロナ禍の日本で最も業績を伸ばした企業はどこか。

 決算を見る限り、それは孫正義会長兼社長(63)が率いるソフトバンクグループ(SBG)ということになる。2021年3月期の純利益は4兆9000億円で、国内企業の日本新記録となったからだ。

 一方でこの数字は、投資した未上場企業の価値まで“未実現の利益”として算定するため、将来の株式市場の動向に大きく左右されることを懸念する声も少なくはない。

 投資を除くSBGの中核は、ご存じ、ソフトバンク(SB)の通信事業。こちらの決算も悪くない数字だった。前年に比べ、売り上げも営業利益も順調に伸びており、株主総会のビデオではスマホのナンバーワンを目指すと孫会長は胸を張った。

 だが、「現実はそう簡単ではない」と話すのは総務省関係者だ。

「見かけ上、SBの決算は整っています。しかし、コンシューマー事業に注目すると、全体では3%程度伸びてはいるものの、肝心のモバイルについての伸びはたった0.04%にとどまりました。言い方を換えれば、この時期に伸ばせなかったということになる。実は、あれだけCMを流しているにもかかわらず、SBのシェアは、このところ少し低下する傾向が見られます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い