銀行株がすべて「買えない」わけではない 宝物を抱える銘柄も

公開日: 更新日:

 銀行株の低迷が続いている。ちなみに、メガバンク3社の6月29日の株価・PER・PBRを見てみると――。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は601円、9.94倍、0.46倍。三井住友FGは3854円、10.29倍、0.44倍。みずほFGは1596円、8.59倍、0.44倍である。

 一方、東証1部上場銘柄の平均PERは16.34倍、平均PBRは1.33倍なので、メガバンク株がいかに不人気で市場平均を大きく下回っているかがわかる。メガバンクの最近の業績は底堅く推移しているが、「金利低下→銀行の収益悪化→銀行株は買えない」のイメージが市場に定着しているようだ。

 しかし、こうした銀行株の中にあって、「宝物」を保有しているMUFGは再評価されてもいいと考える。宝物とは、MUFGが23.36%出資し持ち分法適用会社である米モルガン・スタンレー(MS)の存在である。

 2008年のリーマン・ショックによる金融危機に際し、米国の名門投資銀行であるMSも信用不安に陥り、資本増強を図るためMUFGに出資を緊急要請した。日本企業としては珍しく短期間でこれに応じたMUFGは約9000億円の大金を投じ、MSは経営破綻を免れた。その後、MSはゴーマンCEOの主導で経営改革に取り組み、15年にスミス・バーニー(大手リテール証券)、20年にイー・トレード(大手オンライン証券)を買収するなどして、今やゴールドマン・サックスをしのぐ世界最大最強の総合証券に大変身している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?