重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

日経が報じた日産自動車「スカイライン開発中止」の真相は

公開日: 更新日:

 高い速度性能がユーザーの支持を集める一方で“族車”などと揶揄する向きもあった日産自動車のスポーツセダン「スカイライン」。日産の現行車種の中で最も長い歴史を持ち、良くも悪くも日産を象徴するクルマだ。

 そのスカイラインの次期車の開発中止を日本経済新聞が報じたのは6月12日のことだった。すでに部品メーカーなど主要取引先に兄弟車とされる「フーガ」や最上級セダン「シーマ」など国内セダン3車種とともに開発中止の意向を通達。国内セダン市場から全面撤退する可能性もあるという。

 世界的なセダン離れが加速しているうえ、業績不振が続く中、限られた経営資源を電気自動車などの次世代車や米国などで人気の高い大型SUV(多目的スポーツ車)の開発に集中させる狙いがあるとされた。

■副社長は「諦めません」

 ところがそれから3日後に開かれた主力コンパクトカー「ノート」の上級モデル「ノートオーラ」の新車発表会――。出席した国内部門担当の星野朝子執行役副社長は「日産は決してスカイラインを諦めません」と述べ、報道内容を一部否定してみせたのだ。一体、真相はどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点