東京23区内の新築マンション平均販売価格が1億円超え

公開日: 更新日:

 新築マンション市場がコロナ禍を追い風に活況を続けている。東京23区内で4月に販売された新築マンションの平均価格は1億180万円、前年同期比で43%上昇した(不動産経済研究所発表、以下同)。平均販売価格の1億円超えは2020年1月(1億511万円)以来で、1991年のバブル崩壊後では2度目となる高水準だ。

 首都圏1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンションの販売価格も1戸当たり7764万円と、前年同月比24・9%の大幅な上昇だ。発売戸数は2089戸で4月としては3年ぶりの2000戸台。

 昨年の第1回緊急事態宣言中の同月比較で204・5%と急増。4月末時点の在庫は7017戸と前月末比340戸の減少。前年同月末比では778戸の減少と、マンション市場はコロナ禍の追い風を受けているのだ。

「コロナ禍前は価格が高過ぎることでユーザーの動きが鈍く、販売にも時間がかかっていました。しかし、コロナが長期化し、リモートワークや時差通勤などで在宅時間が増えたことに加え、3密での外出の制限や旅行、食事会を控えたことでおカネを使わなくなりました。その分、家族で住宅について考え、住宅探しに時間をかけられるようになったことが大きな要因でしょう」(同研究所企画調査部担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”