小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

“リアル半沢”改革で三菱UFJ本店建て替え 特別顧問どこに?

公開日: 更新日:

「リアル半沢」が動きだした。4月1日に三菱UFJ銀行頭取に就いた半沢淳一氏(56)は、銀行が所有する本館を数年かけて建て替え、「MUFG本館」とする。と同時に、大手町・丸の内地区に9棟ある拠点を集約し、銀行、証券、信託の業務に従事する社員1万9000人が効率的に働ける環境を整備することを決めた。

「本館は、その堅牢なつくりから“石の城”とも呼ばれている銀行の象徴的存在。リアル半沢改革は、その銀行本館をぶち壊すことからスタートする」(関係者)

 この本店建て替えに伴い、密かな話題となっているのが平野信行特別顧問(69)など、数多く残る顧問たちがどの建物に入るのかだ。

 三菱UFJが従来の相談役と顧問制度を見直し、任期が原則として最長6年で、経営に関与しない新たな「特別顧問制度」を導入したのは18年7月から。ガバナンス(企業統治)改革の一環で、金融界の慣行であった「頭取、社長経験者は終身で処遇する」という不文律が消えた。

 新制度では特別顧問は全員が非常勤となり財界・社会貢献活動等を担う。名誉顧問の三木繁光氏(86)と行天豊雄氏(90)の2人が無報酬となる一方、残る特別顧問は職務に応じて年間2000万円を上限に支給。必要に応じて執務室、社用車、秘書を利用することができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由