真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

富士フイルムHD<上>デジタル化の荒波を乗り切った開拓魂

公開日: 更新日:

 この春、「富士ゼロックスから富士フイルムビジネスイノベーションへ」というテレビCMを何度見たことだろう。

 ゼロックスは米国企業で、1970年代まで世界のコピー機市場を独占しており、“ゼロックス”はコピー機の代名詞でもあった。そのゼロックスが日本やアジアで事業展開するにあたり、パートナーに選んだのが富士写真フイルムだった。

 富士写真フイルム、現在の富士フイルムホールディングス(HD)は、旧社名からもわかるように写真フィルムの製造・販売が源流で、日本国内では圧倒的、世界でも米コダックと肩を並べるほどのシェアを誇った。しかし、2000年代に入るとデジタルカメラの普及で写真フィルム市場は事実上消滅。世界の巨人だったコダックは経営破綻した。

 それに比べ富士フイルムHDは、デジタル化の荒波を見事に乗り切った。それを可能にしたのが富士ゼロックスがもたらす安定した利益だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  2. 2
    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

    グラドル清水あいり 月収3ケタ公表前の壮絶貧乏生活「真っ暗な部屋で号泣しました」

  3. 3
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

もっと見る

  1. 6
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  2. 7
    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

    キンプリとSnow Manの冠番組を比較検証 バラエティー番組での「嵐の後継者」はどっち?

  3. 8
    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

    ハチミツ二郎さんが告白 コロナ感染から1年以上経った今も「手のしびれ、倦怠感が…」

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ

    竹下景子がコロナ陽性も“マスコミ自粛警察”は下火に…芸能人が積極的に感染報告のナゼ