小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

東芝社長を突然辞任…車谷暢昭氏もう再就職先を見つけた?

公開日: 更新日:

 東芝に買収提案していた英投資ファンド「CVCキャピタル・パートナーズ」は19日、東芝に「(買収)検討を中断する」旨の書面を送った。事実上の買収撤回である。当初、CVCは7月上旬にも1株5000円で東芝株の公開買い付け(TOB)を行い、10月に上場廃止するプランを東芝に提示していた。しかし、当事者である車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)の突然の退任でシナリオは大きく狂った。

 このCVCの買収提案の背景には、車谷氏の再任を巡る社内の確執があった。

「このままでは6月の株主総会は乗り切れそうにない。代表権を返上して会長か特別顧問に退いてはいかがか」

 4月初め、東芝の取締役会議長で指名委員会委員長でもある永山治氏(中外製薬特別顧問・名誉会長)はこう車谷社長に詰め寄ったとメガバンクの幹部は語る。そこで車谷氏が「こんな提案がある」と持ち出したのがCVCによる買収提案だったというのだ。CVCは車谷氏にとってはいわば古巣。三井住友銀行副頭取を辞して就いたのがCVC日本法人の会長ポストだった。車谷氏はそこから東芝トップに移籍している。CVCの買収提案は、東芝の大株主であるアクティビスト(物言う株主)から車谷氏を守り、社長兼CEOのポストを続投させることに狙いがあった。その守るべき車谷氏が退任した以上、意味がないというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?