佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

脱線事故は「個人の責任」と言ったJR西日本の井手正敬

公開日: 更新日:

 4月1日に新潮文庫に入った松本創著『軌道』はJR西日本の福知山線脱線事故を追ったものである。

 そこに「JR西の天皇」といわれた井手正敬(元会長)のインタビューが出てくる。井手は松田昌士、葛西敬之と共に「国鉄改革の3人組」と呼ばれた。いわゆる国鉄の分割・民営化だが、私に言わせれば、これは断じて「改革」ではなかった。

 残念ながら、『軌道』にはこの視点が弱く、井手の主張に根底から反論できていない。あの事故は「民営化」ならぬ「会社化」が招いたものであり、天皇の井手に重大な責任がある。しかし、歴代総理の指南番とかいわれた安岡正篤信者の井手はまったくそれを自覚せず、JR西日本の広報室では記者に『マスメディアを通した井手正敬小史』なるものを渡していた。

「函カバー入りのA4判、暗緑色の布張りに金箔押しの文字という仰々しい表紙」だというから、当時から井手は正気ではなかったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  2. 2
    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

  3. 3
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  4. 4
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  5. 5
    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

もっと見る

  1. 6
    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

  2. 7
    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

  3. 8
    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

  4. 9
    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

  5. 10
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界