小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

BMW 4シリーズクーペの大胆顔ヂカラ革命についていけるか

公開日: 更新日:

BMW 4シリーズクーペ(車両価格:¥5,770,000/税込み~)

 カーデザインは常に挑戦だ。変わらぬ美しさはもちろん、他にないインパクトや主張も求められるが、BMWが再び新たなチャレンジを挑んできた。2代目新型4シリーズクーペである。今回かつてない自動車フェース革命=“顔ヂカラ”勝負に挑んできたのだ。

 驚きは問答無用の超特大フロントグリル。BMWといえば四角横並びのキドニーグリルで有名。近年拡大化する一方ではあったが、今回はレベルがハンパじゃない。もはや顔中がソレ。バンパーを上下に突き破っているのはもちろん異様に巨大化している。しかも形状がまさにリンゴというか巨大な鼻だから凄い。

 一方それ以外はいつもの流麗なBMWクーペだ。サイド、リア共にスポーティーなプレスラインが入っているが過剰さはない。

BMWならではの味わい健在

 走りはベースとなったミディアムFRセダン、3シリーズを研ぎすませたもの。サイズは全長×全幅×全高=4775×1850×1395mmと大きく、大人4人がしっかり座れるが走りにダルさは一切ない。

 車種は500万円台で買える2ℓ直4ターボモデルと、1000万円以上する3ℓ直6ターボモデルがあり、今回乗れたのは後者だけだが、味わいはまさに上質なスポーツカー。パワースペックは最高出力が387PSで最大トルクが500Nmと物凄い。0-100km/h加速も4.5秒と圧倒的で、日本で乗るには十分以上のパフォーマンスを発揮する。

 乗り心地は硬めだが、路面の継ぎ目を見事に吸収するしなやかさを持ち、最大の特長はスポーティーでありながら滑らかさもある、なんともいえないステアリングフィール。メルセデス・ベンツの盤石感、トヨタ・クラウンのしっとり感とも違った、BMWならではの味わい。

真っ直ぐ走っているだけでも楽しい

 加速フィーリングも、イマドキ珍しい直列6気筒ならではの力強さ、伸びの素晴らしさを持ち、真っ直ぐ走っているだけでも楽しいし、峠道を駆け抜けてももちろん楽しい。

 インテリアの質感も高く、キャラメル色の本革シート生地やアルミ調パーツ、カーボン調パネルは上質かつスポーティー。BMWならではの世界観だ。

 居住性もなかなかで本格スポーツクーペでありながら、リアシート足元はゆったりしているし、ラゲッジにフルサイズのゴルフバッグを2つ搭載可能。カッコと走りだけを優先したそこらのクーペとは違うのだ。

 しかしやはり気になるのは、かつてないインパクトある顔。アナタはこの大胆チャレンジについて行けるか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?