FCVミライの還元率はGoToトラベル並み EVとどちらが得?

公開日: 更新日:

 昨年12月21日以降に新規登録・届出された次世代電動車が税金で大幅に値引きされている。電気自動車(EV)の購入時の補助金は最大80万円と従来の2倍、燃料電池車(FCV)の補助金も上限額が225万円から250万円に引き上げられた。自治体が独自に実施している補助事業との併用も可能で、例えば日産「リーフ」の場合、400万円を超える上級車種でも300万円程度で購入することが可能となった。710万円のトヨタの新型FCV「ミライ」も補助金を最大限利用すれば460万円で手に入れられる。

「FCVはコストの高さやインフラ整備がネックとなってEVに比べて普及が遅れてきました。しかし、規制緩和が進み、石油元売り最大手のENEOSホールディングが22年から市街地の給油所で水素充填サービスを展開します。FCVはEVよりも航続距離が長い、フル充電まで1時間ほどかかるEVに比べて水素の充填が大幅に短いといったメリットがあります。さらに“補助金パワー”が加わったことで、今後はFCVの購入を検討する人も増えそうです」(自動車販売ディーラー)

“盲点”もある

 ただ、“お買い得だから”とFCVに飛びつく前にじっくりと考えた方がいい。まず、水素ステーションが身近な場所にあるかどうか。EVの充電ステーションが全国に約2万カ所あるのに対し、水素の供給拠点は140カ所しかない。今後、水素充填施設が増えていくとしても、しばらく時間がかかりそうだ。

「FCVは燃費もEVより高めです。ミライの燃料コストは1キロメートルあたり約7円ですが、リーフは半額の3.5円と約2分の1。今後、太陽光発電で水素を製造、貯蔵、供給する充填装置が普及することで、しばらくするとFCVの燃費も改善されていく流れですが、まだしばらく時間がかかるでしょう。しばらくFCVはバスやトラックなど商用車を中心に普及していくことになるでしょう。補助金を活用してすぐに次世代電動車を購入したい人はEVを中心に検討した方が無難です」(経済ジャーナリストの井上学氏)

 ミライの補助金は約35%とGo Toトラベル同じ還元率だが、目先の損得だけで考えない方が賢明だ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”