NYダウの株価最高値更新は仕組まれたもの

公開日: 更新日:

 いまのコロナ禍の異常な株高をリードしているのは、紛れもなく、米国のNYダウだ。史上最高値を更新し続け、3万ドル台をキープ。その余波で日本の株も買われ、連れ高になっているのだが、そもそもNYダウは上がり続ける仕組みになっていることをご存じだろうか。

 NYダウは、正式には「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均」というように、採用されている銘柄はたった30。日経平均の225銘柄と比べても圧倒的に少ない。この少ない構成銘柄を随時入れ替え、指数が上昇するように仕組まれているのがNYダウの正体なのである。どういうことかというと、すでに成熟し、株価の上昇の見込みのないオールドカンパニーは採用銘柄から外し、それに代わり、業種や指数に配慮しつつ、株価の上昇が見込める勢いのある成長企業を積極的に取り入れてきた。

 代表的な例を挙げれば、発明王エジソンが創業したGEや、日本のNTTにあたる通信最大手AT&Tは成熟企業としての外され組。直近の昨年8月の入れ替えでは、石油メジャーのエクソン・モービルも退場を迫られた。

 代わりに、インテルやマイクロソフト、アップルなどの勢いのあるハイテク株が採用されてきた歴史がある。そう、新規採用銘柄はなにもNY証券取引所の上場銘柄に限らず、新興のナスダック市場からも積極的に採用している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?