今の株高リスクはリーマン・ショックの水準に近づいている

公開日: 更新日:

 果たして、現在のコロナ禍の異常な株高はバブルなのかというと、それはもう明らかにバブルだ。

 新型コロナウイルスの感染者が世界で一番多い米国に限らず、第2位と第3位のインド、ブラジルでも株価は史上最高値を記録している。常識的にあり得ないことだろう。

 それは感覚の問題だけではない。指標でも黄色ランプが点滅している。例えば「バフェット指数」だ。これは、バークシャー・ハサウェイを率いる著名投資家バフェット氏が株価の割安・割高を判断する際に用いている指標で、計算式は「当該国の株式時価総額÷当該国の名目国内総生産(GDP)×100」である。この世界版バフェット指数が現在は何と120%にも達している。リーマン・ショック時の水準に近づいているのだ。世界の株式は実体経済から乖離し、過大評価されている。いつバブルの破裂、大幅調整局面があってもおかしくはない水準なのである。

 強気派は、いや、各国の政府や中央銀行がコロナ対策でジャブジャブと大量資金を流し続けている限りは大丈夫だと言うだろう。それも事実だ。だからそれを踏まえて、調整局面を探りたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた