株価高止まりの不気味と日経平均3万5000円説も出る狂気

公開日: 更新日:

 コロナ禍で一時は1万6552円まで値を下げた日経平均株価は、みるみる回復。29年ぶりの2万6000円の大台を突破し、高止まりしている。新型コロナ対策で各国が実施している金融緩和でジャブジャブとなった投資マネーがなだれ込んでいる上、米英などで接種が始まったワクチン普及による経済正常化をマーケットが織り込んでいるからだ。史上最高値の3万ドル超えした米市場に連れ高し、3万5000円説まで飛び交っている。

 経済評論家の斎藤満氏は言う。

「ワクチン普及への期待による相場押し上げ効果は、あくまで一時的なもの。3万5000円は相当に楽観的な見方です。マーケットにとってワクチンは皮肉な存在。ワクチンが効果を発揮し、コロナ禍が見事に収束すれば、各国政府は金融緩和を推し進める大義名分がなくなる。政策が調整されれば、マーケットはハシゴを外されてしまいます。逆にワクチンが効かなかったり、深刻な副反応が確認されたりしてコロナ禍がズルズルと続けば、追加策によりカネ余りが続くことになるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか