小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

2代目トヨタ・ミライ(プロト)はなぜクールな4ドアに?

公開日: 更新日:

「本当にクルマ好きの方に選んで頂けるクルマを作り、スペック的にも申し分ないようにした方が、水素ステーションなどの多少の不便性を乗り越えてもお乗り頂ける」(チーフエンジニア田中義和さん)

 トヨタが生んだ事実上世界初の量産燃料電池車、ミライが6年ぶりに2代目へ生まれ変わった。

 先日プロトタイプにテストコースで乗ったが、変わったなんてもんじゃない。今回から、ミライ(未来)をアシタ(明日)に変えていいくらいのコンセプトからの全面フルモデルチェンジだ。

スタックもタンクも内製し量産化

 そもそも燃料電池車は電気自動車の一種で、エンジンの代わりに電気モーターで走るが電気供給法が普通のEVとは全く違う。

 タンクに貯めた水素ガスを車内で空気中の酸素と反応させ、生まれた電気で走るのだ。その燃料電池スタックの開発、管理が難しく、他にもホンダ、メルセデス・ベンツ、韓国のヒュンダイなどがトライしているが簡単に大量生産はできない。しかしトヨタはスタックもタンクも自ら内製し、量産にこぎ着けた。

 しかし6年前の2014年末に発売した初代ミライは約5年間で世界累計販売約1万台で国内約3400台と予定より少ない。よって今回スタイルからプラットフォームまで一新したが、最大のキモはカッコ良さと走りだ。

ジャガーやアストン顔負けのスタイル

 スタイリングは初代の帆船のようなずんぐりむっくりフォルムとは大違い。初代のFFプラットフォームを捨て、レクサスLSと共通のFRプラットフォームを採用。結果、全長×全幅×全高は4975×1885×1470mmで85mm長く70mm広くて65mm低く、ジャガーやアストンマーティンの4ドアクーペ顔負けのスタイリッシュさだ。

 走り味も凄く、前後重量配分50対50のFR車となってステアリングは上質かつ滑らか、乗り心地もソフト、コーナリングも破綻が全くないトップレベルのスポーティセダンへと進化。

 内蔵パーツが多いという燃料電池車の問題も多少残っており、今回3本目の水素タンクを車内中央に配置した分、リアシート中央が盛り上がっていてそこは子供しか乗れないし、トランク容量も321ℓと全長5m近いセダンとしては小さめ。

価格は初代723万円台を大幅に下回るか

 だが水素フル充填からの航続距離はWLTCモードで850kmとピュアEVのレベルを楽に超えているし、価格は未発表だが初代の723万円台を大幅に下回る予定で国からの補助金を付けると、400万円台で買える可能性がある。

 となるとFRセダンのクラウンはもちろんレクサス、ベンツBMWユーザーもターゲットになるわけで、大幅顧客増加が見込める。また燃料電池車は別名「究極のエコカー」でもあり、知事や政治家の公用車として使われる可能性も大。

 水素ステーションは全国130カ所程度とまだ少ないが、航続距離の問題はないし、いよいよ本格普及期へと近づくかもしれない。

 いろんな意味で期待が大きい2代目ミライ。ぜひ世界で一番売れる燃料電池車になって欲しいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”