真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

ファミリーマート<上>伊藤忠のTOB成立でデジタル化が加速

公開日: 更新日:

 伊藤忠商事によるファミリーマートに対するTOBが成立した。これまで伊藤忠はファミマ株の50・1%を所有していたが、TOBにより65・71%へ高まった。今後は株式併合によって100%子会社にする予定で、ファミマの上場は廃止される。さらにその後は、全農などに4・9%を売却、農産物の調達などで提携する。

 ファミマは昔、セゾングループの一員であり、西友のコンビニエンス事業としてスタートした。しかし1998年、セゾングループの経営悪化を受け、約30%の株式が西友から伊藤忠へと移動、持ち分法適用会社となる。さらに2年前に持ち株比率を過半にまで引き上げ連結対象子会社となった。今回のTOBにかかった費用は約5800億円。すでに子会社だったものを、巨費を投じて完全子会社化するのは、なぜか。

 伊藤忠の説明によると、「伊藤忠の経営資源の一体活用による店舗運営の省力化や物流合理化、新たなビジネスモデルの創出、そして海外事業の強化」がその目的だ。中でも特に力を入れるのがデジタル分野だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い