資産価値増加のアート作品をオークションで発掘するヒント

公開日: 更新日:

 一般にも身近になりつつあるアートオークション。個人でも参加できるSBIアートオークションの場合、会社員など一般の人が作品を落札、出品するケースが増えているという。金融緩和の影響で価格が高騰している作品も多く、アートの資産性にも注目が集まっている。また、近ごろは中華系のアートコレクターの存在感が増している。

 所有する作品の査定を依頼した40代Aさんの場合、15年ほど前に10万円台で購入した草間彌生の版画作品が2020年1月現在で予想落札額80万~120万円と査定された。このように、作家の人気次第では資産価値が増加することも少なくないという。

「愛着を持って作品を所有する方や、作家のコアなファンの方が依然多いですが、投資目的で売買される方も増えています。昔は買ったら売却まで10年持てと言われていましたが、今では2年に短縮されているところもあります。作品の相場もその時々で波があるので、その波を上手に捉えて安くなった時に買って高くなるまで持ち続けている方もいます。リーマン・ショックの際は、多くの作品が値下がりしましたが、人気作品の場合はその影響が軽微でした」(SBIアートオークション塚田萌菜美さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」