故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

公開日: 更新日:

【読み切りドキュメント】美術商の事件簿(下)

▽前号のあらすじ 中国・北京の「故宮博物院」で、日本人観光客が購入した陶器と鑑定書が次々と私の骨董店に持ち込まれた。しかし、すべて贋作だ。これは国家的詐欺事件なのか。話を聞いた知り合いのテレビ局ディレクターの小俣が興味津々、取材に動き始めた。

 息を切らしてテレビ局の小俣がやって来た。スーツ姿の大男とカメラマンも一緒だ。小俣が「ベイやん」と呼んでいた男は「二瓶」と名乗り、同じ報道局のディレクターだった。

 骨董品が並ぶ店内には別の客もいた。私は、待たせていた男性客と小俣たちを、店に隣接する事務所へ連れて行った。ここの応接間なら静かで撮影にもうってつけだ。

 挨拶がすんで、二瓶と小俣が、恰幅のいい経営者風の男に矢継ぎ早に質問を浴びせている。おおよそはすでに知っていることなので、私は席をはずし、店に戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」