松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「リアルインテリジェンス」で最新情報を提供中。

株高を警戒せよ 投資に勝つ秘訣は「一般ニュースを疑え」

公開日: 更新日:

 日米ともに株価が上昇しています。

 現在、良いニュースには敏感に反応し、悪いニュースには反応薄。また相場状況を示すVIX(恐怖)指数も下落です。

 市場は総楽観相場になっているので、しばらく株価は上昇しそうな動きです。

 株価は、総悲観の時は下落しにくくなり、総楽観の時は突然急落することが多いので、「短期的」に買ったら下落に備えてストップロスを入れておくことは必須です。

 ニュースで相場が動くことが多いですが、ニュースをうのみにすると投資では間違うことになります。

 例えば、来年11月の大統領選に向けてトランプ大統領は景気を悪化させたくない、株価を下落させたくない時期なので、トランプ政権の政策は金利を下げたり、中国の関税を撤回したりする方向であるとニュースが報じると、そのまま信じてしまいます。

 確かにトランプ氏は来年11月の大統領選を意識していく時期に入っていくとは思いますが、ニュースがそのように報道すればするほど、本当か? という視点も大切になってきます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外