周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年に私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院卒業。週刊誌上で中国事情について執筆するほか、情報番組やバラエティー番組にも出演。通訳・翻訳の派遣会社を経営する傍ら、ジャーナリスト、タレント、ユーチューバー(「地球ジャーナル ゆあチャン」)としても活動。

日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

公開日: 更新日:

 日本の警察は意外にも在日中国人、特に中国人観光客に人気である。片足をひざまずいて、乗用車のドライバーと目線を合わせ職務質問している動画が「それこそ市民の公僕だ」と褒め称えられSNSで拡散された。共産主義の中国では警察は絶対権力で民間人には上から目線が基本。日本とは雲泥の差がある。

 私は10年間司法通訳の仕事を通じ、延べ4桁ほどの刑事さんに出会った。彼らの存在は自分の人生に影響を与え、印象深い人たちが多かった。

 私に司法通訳という貴重な経験のチャンスを与えてくれた、マル暴のJ警部補。どちらが“マル暴”かわからないド派手な格好をしていたが、実は仕事熱心で勉強熱心。警察での語学研修をきっかけに英語の歌が趣味になり、今は定年してジャズシンガーに変身。第2の人生を謳歌している。彼の推薦がなければ貴重な体験はできなかったので感謝このうえない。

 司法通訳として初めての仕事現場で事件の捜査を指揮したY警視。明晰な頭脳と鋭い眼力で多くの事件を明快に解決。川崎で起きた密入国者による蛇頭殺人事件を調査するため、渡航して密入国者の地元に乗り込んだこともあった。スペシャリストとしてキャリアを積み、警視まで極めた。引退して故郷に戻ったが、今でも畏友として人生の先輩として親しく付き合いをさせてくれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実