夫に早死にしてほしい妻…背筋も凍る「だんなDEATH NOTE」

公開日: 更新日:

「『夫に早死にしてもらいたい妻たち』は…意外といます」――。14日、ネット上に掲載された読売新聞社の「ヨミドクター」で、こんな過激なタイトルが付いた記事が注目を集めた。大阪大学人間科学研究科未来共創センター招へい教授で、内科・循環器・性機能専門医の石蔵文信氏のコラムだ。

<離婚もできない上に、夫からのストレスにさらされている妻が、夫の早死にを望むのは、ある意味、自然なことかもしれません。>

 石倉医師は出版社のアンケート調査結果などを踏まえ、子供の親権や財産分与の問題などから離婚したくてもできない妻が少なからずおり、結果として夫の死を望むようになる――などと“解説”している。

 この記事がネットのランキング記事の上位に入る状況自体が夫にとっては複雑な心境だろうが、コラムの中に出てきたネットサイトを見ると、さらに背筋が凍る思いがするに違いない。月間サイト利用者が18万人突破――などとある、「だんなDEATH NOTE(旦那デスノート)」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  3. 3

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  7. 7

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    小池都知事が側近と“密議”「東京五輪返上」で頭がいっぱい

もっと見る