「ゾッコンした女は恋愛上級系かも? それなら…」交際を戸惑う48歳バツ1男の胸の内

公開日: 更新日:
コクハク

48歳、離婚後は気ままな独身生活を謳歌

冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40代になって恋の始め方を忘れてしまったと嘆く紗子さん(45歳・仮名)の心情をお届けしました。
 では、紗子さんのお相手であるスグルさん(48歳・仮名)は、紗子さんとの曖昧な関係をどう捉えているのでしょうか。

【冷酷と激情のあいだ~男性編~】

「あの子のこと、すごくタイプだなって思ったんだけど…、このまま関係を進めた先に、幸せがあるのかわからなくて躊躇っています。

 紗子さんとは、出会ったその日から頻繁にLINEのやりとりをしているし、食事も3回ほど行きました。

 だけど、ドライブや旅行に誘ってもまったく乗り気じゃないみたいだったし、紗子さんが僕とどうしたいのか、ちょっとわからないんですよね」

 ため息をつきながら、こう話すスグルさんは、10年前に離婚をして以来ずっと、気ままな独身生活を送ってきたそう。

 何度か彼女ができたこともあったものの「みんな長続きはしなくて、3カ月とか半年とかで別れちゃった」とスグルさんは、恥ずかしそうに打ち明けます。

関係を縮める前に冷めてしまった

「だからもうね、真面目な恋愛はいいかな〜って思っていたんですよ。

 だけど、そんなときに紗子さんと出会って、急速に惹かれたのも事実。だけどさぁ、惹かれたのが急速だったからかもしれないけれど、冷めるのも早いっていうか、今の俺は、最初の頃よりも、かなり冷静になってきちゃってるんだよね。

 紗子さんのことを気に入ってはいるんだけど、付き合ったら大変そうだよなぁ…とか、俺じゃあ紗子さんの満足いくような彼氏にはなれなさそうだよなぁ…とか」

 紗子さんはスグルさんが当初に思っていたよりも、恋愛の経験値が高そうに見えるのも、スグルさんが関係を縮めるのを躊躇っている理由のひとつとのこと。

恋愛上級者を口説くのもバカバカしい

「向こうのほうが恋愛上級者かもしれないって思ったら、口説くのも、なんだかバカバカしくなっちゃって。

 紗子さんは今も綺麗な人だけど、あの器量ならきっと、20代や30代の頃はさぞかしモテてきたと思うんだよねぇ。

 今で言うパパ活じゃないですけど、おじさん相手に高級レストランの料理なんかも、ゴチでたくさん食べてきたクチなんだろうなぁって言葉の端々から、ヒシヒシと感じるんですよ。

 そう思っちゃたら、なんだか急に、紗子さんとは深入りしてはいけないような気がしてしまってね」

 ここまで饒舌に話していたスグルさんは、急に暗い表情に変わり、隠していた本心を語り始めます。

楽しいのは最初だけ

「それに…。仮に今、紗子さんと俺が付き合ったとして、半年後、1年後も仲良く付き合っている自信があるのか? って聞かれたら、答えはノーなんです。

 そりゃ付き合えば、最初のうちはそれなりに仲良く過ごせそうだし、きっと幸せに感じるんだろうなって思いますよ。でもね、価値観や金銭感覚が合わなかったら、きっとすぐに衝突し合いますからね。そうしたら毎日不愉快なだけじゃないですか。

 えっ? そんなこと言っていないで、まずは相手に飛び込んでみろって? そうじゃないと恋愛なんていつまで経っても始まらないですよって?

 いや〜…、それはその通りなんですけどね。やっぱり俺ももう50歳になろうとする年齢なんで、無駄な労力はなるべく使いたくないんですよ。

 ただ、このままズルズルとLINE友達、食事仲間みたいな関係を続けていたって仕方ないってのも、わかってはいるんですけどねぇ…。

 付き合うっていうことに対して、俺自身が若い頃よりも臆病になっているのを痛感しますね」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。

 まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

(並木まき/ライター・エディター)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方