若いなぁ…語尾に「!」連打が止まらない。青春が炸裂している人たちの面白いLINE3選

公開日: 更新日:
コクハク

 青春真っ盛りの頃って、大きな夢と希望に溢れていますよね! まさに怖いもの知らず。40代になって若い子からのLINEが届くと、「青春だなぁ」「若いなぁ」と、思わずほっこり笑顔になってしまうことも多いものです。

 今回は、若い子から届いたクスッと笑える面白い青春LINEを3つ、ご紹介します。

青春時代は怖いものなし! 若い子から届いた面白いLINE3つ

1. 夢への熱意が半端ない

 会社の後輩からのLINEに思わず「若いなぁ」と感じたこちらの女性

 駅前のカフェの店長が高校時代の知り合いだと後輩に話したところ、青春を感じるような熱量たっぷりの返信が届いたとか…。

「駅前のカフェの店長と知り合いなんですか!? ぜひ紹介してください! ノウハウが知りたいです!」とすごい勢いではじまり、「自分のカフェは日本を一号店にして世界進出し、1000店舗展開したいんです!」と大きな夢を語ってくれました。

 圧倒的な熱量にドン引きしたようですが、その後改めて「青春っていいなぁ」とほっこり。夢は大きいほうがいいですものね!

2. 心霊スポットに行きたがる

 なぜか怖いのに心霊スポットに行きたがるのも、若い頃の青春あるあるです(笑)。

 こちらの女性は、職場の20代の後輩が家に遊びに来た時、あまりに顔色が悪かったのでLINEを送ったといいます。すると「最近、心霊スポットを巡ってて、それから体調が悪いんですよね」とのレスが。

 呪われたんじゃないかと心配になり、「そもそも怖くないの?」と聞いてみると、「怖いけど行ってみたいんです。今夜も心霊スポットのトンネルに行くところです」。

 さすがに「やめなよw」と返信したようですが若さゆえですね…。40代を超えると、いかに楽で平和な安全地帯にいられるかばかり考えてしまう日々です(笑)。


【合わせて読みたい】「15人のお侍さんが…」霊感のある女友達からのゾゾッとLINE

3. 正義感が強い

 若い頃は、政治や社会の悪い部分を本気で直そうという正義感に燃えているものです。こちらの女性は、甥っ子の正義感の強さに「若さって怖い」と思ってしまったそう…。

 というのも、大手企業に就職した甥っ子にお祝いLINEを送ったところ、「ありがとう!でもすぐクビになるかも」と返信がきたのです。

 理由を聞いてみると、「社長の経営方針に納得がいかない。経営方針の改革について上司に相談している」とのこと。

 まさか、新入社員として入社してすぐ、会社の経営方針を社長や上司に提案するとは、すごい度胸、花咲舞かっ! 普通なら、自分の身の安全を一番に考えて、余計なことは言わない人がほとんどなのに、若さってすごいです。

青春真っ盛りの若者からのLINEは怖いもの知らずで面白い!

 20代前後の若者とLINEをすると、いつしか忘れてしまった熱い何かを思い出せそうな気がしますね(笑)。

 ぜひ「若い人って面白いなぁ」とほっこりしながら、あなたの中の青春を取り戻してください。遅いなんてことはありません!

(※LINEのやりとりの画像は、エピソードをもとに編集部で作成したものです)

(コクハク編集部)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変