独裁者は揃って犬がお好き? 金正恩総書記がプーチン大統領に大型猟犬を贈った意味

公開日: 更新日:

 世界で「ならず者国家」と称されている両国の急接近に世界中が注視している。

 24年ぶりに北朝鮮を訪問したロシアのプーチン大統領(71)が19日に金正恩総書記(40)と会談し、有事の際に互いの軍事支援を明記した「包括的戦略パートナーシップ条約」に署名したと報じられた。

 この署名によってロシア軍のウクライナ侵攻に及ぼす影響はどうなるのか。日本を含むアジア太平洋地域の安全保障環境に変化はあるのか。米国や中国はどう動くのか。まだまだ見えない部分が多いのだが、そんな中、SNS上で話題となっていたのが、金総書記がプーチン大統領に対し、北朝鮮の天然記念物に指定されている猟犬「豊山犬」のつがいを贈ったことだ。

 プーチン大統領は犬好きで知られ、2012年には秋田県から「秋田犬」(子犬)の寄贈を受け、ユメ(夢)と名付けている。このため、《「秋田犬」も「宝山犬」も大型犬だから飼うのは大変だろう》《一般の感覚であれば内心、「こんなデカイ犬をつがいで。エライもん、もらっちゃたな~」と困るところだろうな》《犬をもらってもな。これどんな意味があるのか》などと疑問を示す投稿がみられた。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方