バズり王道「キャンメイク」アイライナーに意外な盲点…アイライン苦手な40代女が引くとこうなる

公開日: 更新日:
コクハク

 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口コミがいまいち信じられなくて迷う」「芸能人プロデュースだけど、本当にいい商品なの?」etc……こんな声にお応えするべく、コクハク編集部では覆面調査班を設置! 忖度なしでレビューします。

【進め!コクハク覆面調査班~辛口女物批評】

【メンバー】

☆美容業界歴15年以上の美容マニア・華子(30代後半)

☆美容に多少の関心はあるが流行り物重視のオバライター・キナコ(40代後半)

☆モテを追求し続けるライフスタイルオタク・ズッキュン丸美(40代前半)

☆駆け出し美容ライター・チビ子(20代後半)

アイメイク=アイシャドウ一択だったけど

 50歳を目前に控えているオバライター(自虐)のキナコです。これまでアイラインなんて、誰かの結婚式くらいでしか描いたことがなく、普段のメイクはアイシャドウ一択の潔さ。

 そんな筆者が先日『なんとなく顔が老けてきて、ぼやける』と美容マニアな友人に相談したところ、問答無用でアイラインを勧められました。

 なるほどなるほど。まあ、とりあえず日々のメイクにアイラインを足そうかね…と重い腰をあげたのですが、何を買ったらいいのかさっぱりわからない(涙)。

 再び友人に泣きついたところ、ロングセラーでバズリ女王の『キャンメイク クリーミータッチライナー』と即答するじゃありませんか。

 即答するほどいいの!? と興味が湧いたので、さっそくポチりましたよ!

“老眼カウントダウン”でも安心♡ 不器用でもなめらかに描ける!

 手始めに買うなら、やっぱり定番の色だよね? と、<[01]ディープブラック>をチョイス。

 商品説明には「目元をくっきり強調させる漆黒」とあるので、まさに目元がぼやけるオーバー40世代にピッタリじゃありませんか…!

 この商品は、1.5mmの超極細で、ジェルタイプのアイライナー。不器用な筆者でも、超極細なら失敗なくラインが描けそうで期待値が上がります。

 50歳に近づいてくると、老眼も進行するから細かな作業が苦手になってくるんですよ…。

 その点、ジェルタイプならクッキリとしたラインが描けそう! ここも好印象ポイントですね。

 おっと、危ない!

 一度繰り出した芯は戻らない仕様だそう。

 危ない、危ない。「どんなもんかな?」と芯を繰り出して入念に確認しちゃうところでした。トシを取ると妙なところで慎重になるのよね。

 使う分だけ出さないと、ダメなやつでした! 皆さんも気を付けて~。

美しい線が爆誕!!!

 で、描いてみたんですよ。

 最初は、おそるおそる。すると、ものすごくキレイ〜〜な線が描けました!!!

 不器用を自覚していますが、まるでアーティスト級にキレイな線が描けちゃったんです!!!

 しかもですね、こんなふうに筆圧の強弱で、細い線から太い線まで簡単に調節できるんですよ。すごいですね。

 メイクに慣れていなくても、こんなふうにアイラインを楽しんで描けるとは!

 さすが美容マニアがガチ推しするだけのことはある…と感心しました。いや〜、715円っていうお値段も素晴らしいですね! 賞賛!!!

メイクを落とす瞬間に風向きが変わった

 とまぁ、綺麗なアイラインが描けてご機嫌だったわけですが…。メイクを落とす段階になって、急速に風向きが変わりました。

 えーっとですね、これ…、石けんで落ちません!!!

 メイク落としも使いましたが、かなりゴシゴシしないと、ちゃんと落ちません!!!

 落ちにくさという視点では超優秀かもしれないけれど、ここまでだとぶっちゃけ面倒くさい。敏感肌なので、擦った時の皮膚への圧も気になるし…。

 どのくらい落ちないかというとですね、先ほど描いたラインを消した跡の写真をご覧あれ。(※腕の写真ですが、まぶたでも同じ状態になりました。トホホ。)

 いやはや、真っ赤っかレベルでしょ。

 もっと強めのクレンジングなら、弱い力でも落ちるのかしら? でも、普段ほとんどアイラインを引かないのに、クレンジングを買い足すのもビミョーなんだよな…。

 描きやすさ、落ちにくさに関しては二重丸! これはもう異論の余地なし。

 けれど落としやすさに関しては、残念な結果に。

 ほら「遠足は、帰るまでが遠足」って言うでしょ? それと同じように「メイクは落とすまでがコスメの実力」じゃないですか。

 う〜ん。敏感肌&加齢が気になる身としては、もうちょっと簡単にオフできるほうが嬉しいかな。

さっそく調査班メンバーに報告!

華子「これ、私も何年も愛用してる! 描きやすいし、落ちにくいから、メイク直ししないでいいのがラクなんですよね〜」

ズッキュン丸美「私も普段から強めのクレンジングを使うので、強いクレンジングを使わない人だと落としにくいってところ、盲点でした。きっとそういう人だと、使い続けるのを考えちゃいますね」

チビ子「お安いし、私もコレ好きなんです。上まぶたと下まぶたで色を変えてもカワイイんですよ〜。でもこんなに落ちにくい製品だったとは気づきませんでした」

キナコ「アイライナーとして優秀なのは、納得! なのよ。だけどなぁ、やっぱり落としにくいっていうのは気になる。

 石けん落ちまでいわなくても、もうちょっと擦らずに落ちるとよかったなぁ」

 ◇  ◇  ◇

 このように忖度なしのレビューをお届けする、コクハク覆面調査班のガチンコレビュー行脚。さて、次回はどんな商品が登場するのでしょうか? お楽しみに!

(コクハク覆面調査班/「コクハク」中の人)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方