“ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

公開日: 更新日:

 東京都知事選挙(7月7日投開票)のポスター掲示板に“ほぼ全裸”の女性のポスターが掲出されたことについて、実業家のひろゆきこと西村博之氏(47)が20日、自身のXを更新。「『子供が見る』という視点が全くないのか、頭が悪いのか、どちらなのでしょうか? これが合法なんて世も末ですね」となどと指摘した。

 レースクイーンなどとして活動する桜井MIUが同日、スーツ姿でポスターを貼る様子をXで投稿したものを引用してひろゆきは批判した。

 ポスターには桜井の胸と股間だけが候補者の顔で隠されてプリントされている。ネットでは「地獄すぎる…」「こんなの合法で良いわけがない」といった声が上がり、エジプト出身のタレント・フィフィも「ほぼ全裸の下品な選挙ポスターとか、表現の自由を履き違えて、やりたい放題してる候補者、どうにかならんのかな」と苦言を呈した。

「選挙ポスターはサイズや掲示の仕方には細かいルールがあります。ただ、内容については、選挙妨害、利益誘導等の記載がなければ即違法性を問うことはできません。今回の候補者はその制度を巧みに活用したということでしょう」(都政関係者)

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差