人気の電話占い師は20年前からお見通し…新しい彼氏が“最速”でできる方法

公開日: 更新日:
コクハク

彼女たちはなぜ電話占いを利用するのか

 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んでいる人が増えるのだとか。
 そこで人気の電話占い師に、すぐに新しい彼氏ができる方法を聞いてきました。

【内藤みかのあたらしいのがお好き】

 占い師Jさん(仮名)は、この道20年以上の電話占い師。毎日毎日、悩める女性たちの相談を占っていて、その数は1万人を超えるそうです。

 そんな彼女は、電話占いを利用する女性たちは「自分の思い通りに物事が進まないから」悩んでいるのだと言い切ります。

 たとえば「彼にプロポーズしてもらいたいのに、してくれない」「不倫の彼に奥さんと離婚してもらいたいのに、してくれない」など、自分がしてもらいたいことをなかなかしてもらえない。そういう時に「どうしてうまくいかないの?」「いつになったらうまく行くの?」ということを知りたがって占いを利用するといいます。

占いで恋愛成就はできない
 Jさんは、「多くの女性が占いで恋愛成就できると勘違いしている」と言います。占いはあくまでも未来予報であり、恋を叶える手段ではないのに、「彼と結婚するためにはどうしたらいいですか」と聞いてくる人があまりにも多いのだとか。

 占い師として嘘はつけないJさんは、「この彼とは結婚できません」とハッキリ伝えることもあるそうです。

 けれどそれで納得できない女性もいます。なかには「3年も待ったのだから、結婚できなきゃ困るんです!」と怒り出す人もいるのだとか。

諦められない女たち

 そんなに恋愛成就したいのなら、占い師ではなく、祈祷師などにお願いしたほうがいいとJさんは話します。占い師は未来を予言するのが仕事であり、恋愛成就させることは業務外なのだそうです。

 確かに、占いというのは彼の気持ちや彼との将来を知りたい時に利用するものですよね。

 けれど多くの女性たちは「どうしたら彼と結婚できるのか」と、彼と結婚することを前提に占いを依頼してくるのだとか。はたから見れば、何年も女性を待たせるような男には今後も期待できそうもないですが、どうしても彼と結婚したいのだと想い続けているのだとか。

最速で彼氏を作るには?
 Jさんは「すぐに彼氏ができて幸せになる方法はある」と言います。それは「うまくいっていない恋愛を捨てること」なのだそうです。

 いくら時間やお金をかけても、相手の心が手に入るわけではありません。合わない相手だったんだなと、潔く諦めることから始まるのだそうです。

「心の中にいる男性を追い出さないと、次の恋は始まりません。まずは追い出すことが大事です」と、この20年、Jさんは言い続けてきました。

 Jさんの言うことを素直に聞いて、今の恋愛を捨てた女性には、たいていは新しい恋がやってきたそうです。

「彼以上の人はいない」という幻想

 うまくいかない恋にしがみつき、諦めきれない女性は、恋を捨てたつもりでも未練タラタラで、なかなか次の恋愛も始まらないのだとか。Jさんによると、恋にリセットをかけると、運気もリセットされ、新たな恋愛相手と巡り会いやすくなるのだそうです。

 恋を諦めると、夢から醒めたかのように、彼からもらったプレゼントを捨てたり売ったりして、部屋の大掃除をする人が多く、それもまた運気アップにつながるのだとか。

「風水でも、掃除をしている綺麗な部屋には幸運が集まりやすいと言われています。恋を捨てると、いろいろな面でリスタートにつながるのです」(Jさん)

アラフィフでも恋人が見つかる時代に
 年齢を重ねると「もう彼以上の男性は現れないんじゃないか」と、臆病になりがちですが、人生100年時代なので、アラフォーやアラフィフでも恋人が見つかりやすい時代になってきました。

 うまくいかない恋を思い切って捨て、次の幸せ探しにいってみてもいいのではないでしょうか。

(内藤みか/作家)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪