消費者庁もサウナに注意喚起!「整う」ブームに潜む危険性を専門医が解説

公開日: 更新日:

 身も心も「整う」と老若男女問わず人気のサウナ。爽快感やリラックス感を得られるものの、実はキケンと隣合わせだ。一歩間違えば命を落としかねない事故も多発しており、6月5日には、消費者庁が国民に向けて注意を呼びかけた。

 消費者庁によると、事故の約9割は「やけど」「骨折・打撲」等の外傷だという。「ロウリュウで発生した大量の高温水蒸気が当たりやけどをした」という、さもありなんという事例もあれば、「熱いと思いながらも10分間ヨガのポーズを取り続け、臀部にやけどを負った」というケースもあった。

 40代以上の中高年では、外傷に加えて、より危険度の高い「めまい・意識障害」「循環器障害」も目立つ。50代の女性はスポーツクラブのサウナ利用中に心臓発作を起こし、70代の男性はスーパー銭湯のサウナ室で座ったまま意識を失った。どちらも死に直結してもおかしくない事故だ。

 近年、漫画やドラマの影響によるサウナブームで、サウナ愛好家が増えているような印象があるが、データを見る限りそうとも言い切れない。一般社団法人日本サウナ・温冷浴総合研究所の「日本のサウナ実態調査2024」(日本全国1万人、18~69歳の男性5015人・女性4985人を対象)によると、増えているのは年に1回程度利用するというライトユーザーだ。サウナ利用をする全体人口とライトユーザーは、22年と23年の比較で、それぞれ1681万→1779万人、845万→1128万人と増加している。その一方で、月に4回以上サウナに入るヘビーユーザーと月1回以上のミドルユーザーは、それぞれ287万→219万人、548万→431万人と減少している。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪