地味な顔だから似合う服がある!足して引いてパッと華やぐコーディネート術

公開日: 更新日:
コクハク

おしゃれ度アップ! 地味な顔を華やかにする似合う服の選び方

 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に似合う服を選んだり、コーディネートのコツを押さえるだけで、もっと自分に自信がつくし、おしゃれも楽しめるようになるはず!
 今回は地味な顔に似合う服の選び方や、華やかに見せるコーディネート術をご紹介します。

 まずは、地味な顔に悩む人に似合う服の選び方からみていきましょう。

1. 鮮やかな色の服を選ぶ

 洋服を選ぶ時は、できるだけ鮮やかな色の服にしてみましょう。目の覚めるようなブルーや赤など、パステルカラーよりも原色に近い色がおすすめです。

 特にトップスを鮮やかな色にすると、顔周りがパッと明るくなります。

 顔色が良く見える効果もあるので、鏡の前で服を合わせながらピンとくる色をチョイスしていきましょう。ただし、着回しができるように、上下ベーシックなカラーの服もいくつか持っておくといいですね。

2. 柄物を取り入れる
 顔が派手な人が柄物を着ると、ケバくなってしまいがち。逆に、地味な顔の人は、顔立ちがシンプルな分、柄物を取り入れてもうまく着こなすことができます。

 たとえば、花柄やドット柄など、少し目立つ柄がいいでしょう。シンプルにしたいなら、ストライプやチェックなどもいいですね。顔のシンプルさを補って、地味なイメージを払拭してくれるでしょう。

3. アクセントカラーを活用する

 いきなり鮮やかな色や柄物に挑戦するのは勇気がいるという人は、アクセントカラーを上手に活用してみてください。

 バッグだけ赤色にしたり、鮮やかな色のニット帽をかぶったり、いろいろ工夫してみましょう。

 また、スカーフやターバンなどの小物を使ってアクセントカラーを取り入れてみるのもいいですね。面積は小さいですが、第一印象に大きな影響を与えてくれます。

地味な顔が華やかに! 似合う服を引き立てるコーディネート術

 続いては、地味な顔に似合う服をより引き立てるコーディネート術を見ていきましょう!

1. デニム+鮮やかトップス

 鮮やかなトップスは、どんな色にも似合うデニムと合わせるのがおすすめです。カジュアルでありながらも、印象を一気に華やかにしてくれるので、第一印象が良くなります。

 トップスが派手な分、小物は押さえ気味に。アクセサリーは、ゴールドやシルバーできらりと光る程度が似合います。

2. モノトーン+アクセントカラーの大ぶりアクセ

 あえてモノトーンコーディネートにして、大ぶりのアクセをアクセントカラーとして取り入れるのもおしゃれですね。大ぶりアクセは、鮮やかな色のものを選び、顔周りで揺れるピアスがぴったりです。

 また、大ぶりアクセの色とバックや靴などの小物の色を合わせてコーディネートすると、より全体のバランスが良くなり、素敵な着こなしになりますよ。

3. 柄物ワンピース+カーディガン

 明るい印象を与えてくれる柄物ワンピースに、季節に合ったカーディガンを羽織るスタイルもいいですね! ワンピースなので女性らしさも演出できます。

 カーディガンは、夏はシースルー素材、冬は厚手のカーディガンにするなど、温度調整ができるので便利です。ワンピースの中に入っている色、どれか一色とカーディガンの色を同系色にすると、よりまとまったコーディネートになるでしょう。

地味な顔だからこそ似合う服がある! 色や小物を上手に使って

 今回は、地味な顔の人に似合う服やコーディネートをご紹介しました。ぜひ積極的に色や柄を取り入れてみてくださいね!

 また、メイクやヘアスタイルにも工夫をこらすと、さらにおしゃれ度がアップして、自分らしいコーディネートが見えてきそうです。まずは小さなアクセントカラーからはじめてみるのがおすすめです!


(キレイ情報ラボ/ライター女子部)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪