40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている「口周りのムダ毛」処理法&注意点

公開日: 更新日:
コクハク

40代女性は口ヒゲに注意!? 口周りのムダ毛の処理法3つ

 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃんとしている」と思っている人も少なくないはず。でも、実は見落としがちな部位で、他人に見えやすいのが「口周りのムダ毛」。
 今回は多忙な40代女性にぴったりな口周りのムダ毛処理法や、3つの注意点をご紹介します。

 まずは、口周りのムダ毛の処理方法から見ていきましょう。いろいろな方法の中から、忙しい生活の中に取り入れやすい方法をピックアップしました!

1. カミソリで剃る

 忙しい生活の中で、一番簡単に脱毛できるのがカミソリで剃る方法です。朝、毛が気になるタイミングでさっと剃れるため、習慣にすれば剃り残しがなく安心です。

 ただし、肌が荒れないようにクリームやジェルを使う人は、少し時間がかかるかもしれません。剃った後にしっかり保湿することも大切です。

2. 脱毛クリームを使う

 朝の支度の時間を使って脱毛したい人は、脱毛クリームがおすすめです。口周りに塗って放置するだけで口周りの毛に働きかけ、拭き取るだけで簡単に脱毛ができます。

 顔周りでも使える脱毛クリームを選ぶ必要がある点や、敏感肌の人には向いていない点に注意が必要です。

3. ワックス脱毛をする
 脱毛の頻度をできるだけ短くしたい人は、ワックス脱毛がぴったりでしょう。毛根から根こそぎ口周りのムダ毛を除去してくれるので、ツルツルの期間を長くできます。

 多少の痛みを伴うため、慣れるまでは少しストレスを感じるかもしれません。綺麗な仕上がりを期待したい人にもおすすめです。

口周りのムダ毛処理を間違えると逆効果に…3つの注意点

 口周りのムダ毛は、会話している相手に見られやすいので処理しておきたい部分。でも、処理方法を間違えると肌荒れやニキビなどができてしまうことも…。注意点をしっかり確認しておきましょう!

1. ムダ毛処理の後はしっかり保湿を

 ムダ毛を処理すると、少なからず肌にダメージが加わります。肌のバリア機能が落ちている状態で紫外線や化粧品の刺激に晒されると肌荒れしてしまう人も…。

 ムダ毛処理の後にはしっかり保湿して、肌をさらなるダメージから守ることが大切です。使う保湿剤には低刺激のものを選ぶと良いでしょう。

2. 紫外線対策をする
 ムダ毛処理をした後に外出する場合は、紫外線対策もしっかり行いましょう。肌にダメージが加わっているため、ちょっとした紫外線も肌トラブルの原因になってしまいます。

 低刺激の日焼け止めクリームを使い、保湿と紫外線対策を一緒に行う方法もおすすめです。また、紫外線対策を兼ねた化粧品を選ぶのもいいですね!

3. ムダ毛処理の頻度に気をつける

 口周りは特にデリケートな部位なので、ムダ毛処理の頻度には注意が必要です。毎日、刺激の強い方法で脱毛し続けていると、肌荒れしたり、余計に毛が濃くなるなんてことも…。

 目安は週に1〜2度のペースと考えておくといいでしょう。肌が弱っている時や、日焼けをした後などはムダ毛処理はしないようにしてくださいね。

口周りのムダ毛は意外と見られてる! 定期的な処理を心がけて

 男性ならともかく、女性でヒゲがあると思われるのは恥ずかしいですよね。とはいえ、なかなかじっくり鏡を見る習慣がないと、口周りのムダ毛には気がつきにくいものです。

 ぜひこの記事を参考に、口周りのムダ毛処理を習慣にしてみてくださいね!


(キレイ情報ラボ/ライター女子部)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪