著者のコラム一覧
金森たかこマナー講師

大阪府出身。ビジネスマナー講師として、企業や行政機関などで講演・研修・コンサルを行う。フリーアナウンサーとしても活躍。

「お休みいただいております」はどこがダメ? 会社の“ウチとソト”よくある間違い

公開日: 更新日:

敬語の基本編(7)

 前回までに「お」や「ご」を付けない言葉、そして、社外(ソト)の人に対しては、たとえ上司であっても、自社(ウチ)の人に敬語は使わないということをお伝えしました。同じ人であっても、その場の人間関係によって敬語表現は変わります。社内(ウチ)と社外(ソト)、その使い分けは、慣れないうちはなかなか難しいことかもしれません。

 よくある間違いをいくつか見ていきましょう。

【例1】出先で、社外の人から、自社の部長への伝言を頼まれた場合

×「かしこまりました。△△部長にお伝えします」
〇「かしこまりました。部長の△△に申し伝えます」

「△△部長にお伝えします」という表現は、社外(ソト)の人に対して自社(ウチ)の部長を高めた言い方になっています。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白