横須賀「中央酒場」で昼酒を…隣の先輩からうれしいポテトフライのお裾分け

公開日: 更新日:

 先日、NHKのある番組で京浜急行を特集していて懐かしく思った。

 アタシらが子供の頃は夏になれば決まって三浦海岸で海水浴。小学生の頃は家族と、中学生なら友達同士で京急に乗り三浦海岸で海水浴と相場は決まっていた。昭和世代にとっては夏の風物詩だった。

 海の色は緑色で、砂浜は灰色。イモ洗い状態で水浴びする程度だが、真っ黒に日焼けするだけで昭和小僧たちは大満足だった。久々に乗ってみるか……。アタシは小旅行気分で缶ビール片手に京急快特に乗り込んだ。

 あれから半世紀。いまでは海水浴ならぬ快酔欲だ。が、さすがに平日の昼前から缶ビールを飲んでいる乗客はいない。ええい、ままよ! プシュ、グビリ。うとうとしているうちに横須賀中央。少し散策しよう。

 どぶ板通りはすっかりきれいになり、平成女子たちがスカジャンを物色し、海軍カレーに行列をつくっている。三笠公園で東郷さんに挨拶し、ちょうど喉も渇いて準備は万全。目指すは「中央酒場」だ。

 朝10時開店と同時にほぼ満席の人気店。14、15人座れるカウンターの奥の一席に滑り込んだ。6つほどある4人テーブルはいっぱい。カウンターはアタシと同世代の一人客が中心だ。テーブルは若い女子や東京からこの店を目当てに来ている男性グループなど多士済々。それもそのはず、ここはツマミが豊富だから食事中心の客もOKなのだ。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路