12分で組立完了! パラシュートで投下できる「空挺病院」をインド国防省が開発

公開日: 更新日:

 インド国防省が、多数の死傷者が出ている被災地や事故現場に、輸送機からパラシュートで投下し、その場で組み立ててすぐに救急医療を行うことが可能な移動病院を開発した。

「BHISHMキューブ」と名付けられたこの“空挺病院”は、パラシュートで投下された72のコンポーネントから組み立てられる。

 キューブは堅固な作りで、軽量(720キロ)で防水。太陽光発電機器でX線装置、人工呼吸器、血液検査装置などに電気を供給し、銃撃、やけど、骨折、大量出血などの幅広い負傷を治療する。

 また医療機器のほかにAI、データ分析機能が組み込まれ、迅速で効率的な医療サービスを提供する。最大で200人の負傷者を同時に治療できるという。

 写真(インド情報放送省のプレスリリースから)は組み立てられたキューブの内部だ。

 5月14日にインド空軍がキューブの投下訓練を実施したところ、地上に落下後、わずか12分で組み立てが完了し、治療可能になったというから驚きだ。

 包囲され、支援物資を断たれて医療崩壊の危機に直面しているパレスチナ自治区ガザ地区のような場所で、一日も早く使用可能になることが望まれる。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず