気象庁が豪雨警戒情報を何度も出す理由…背景に「コーヒー1杯予算」の深刻事情

公開日: 更新日:

「戦争は外交交渉で避けられるが、災害は避けられない」

 鈴木氏の著書には気象庁の幹部職員のこんな話が出てくる(取材は2020年)。

「気象庁の当初予算はこの10年間大体500億円後半から600億円。これを国民の人口で割ると一人当たり500円になるんです」 
この職員は「つまりコーヒー予算」と自虐的に語ったという。

 鈴木哲夫氏は「自然災害は有事と同じ」と位置付ける。これだけの災害大国なのである。国民の命と生活を守るのが政府の役割であるのならば、「防災」も「防衛」と同様に位置づけ、人も予算も割くべきではないのか。

「戦争は外交交渉で避けられるが、災害は避けられないのですからね。気象庁のOBも防衛力強化には43兆円もの予算をつけて、増税で賄おうとしているのに……と嘆いていました。災害だって有事。システム開発や大学との連携に予算が必要なのに、限られたものでは対応にも限界があるのです」(鈴木哲夫氏)

 これだけ火山被害が多いのに、「火山庁」すらないのが日本だ。文科省内に「地震火山室」はあるが、できたばかりで予算は見通せない状況だという。完全に災害対応後進国なのだが、その理由も本書には書かれている。安倍元首相に近かった自民党ベテラン議員が鈴木氏にこんな告白をしているのだ。

「結局、災害はいつ起こるかわからない。それに対してかなりの時間や人員、体制、予算を費やしてずっと備えてやっていくのは政治的な費用対効果が低いということでしょう。災害対応はやっていて助かってもそれが当たり前、褒められはしないし、一方で失敗すればその時は何やってんだと非難囂々。票にもならないし手間がかかる。そんなことをやっている時間があるなら、外交やほかのことで得点を稼いだ方がいいということ。さらに災害は失敗しても『想像を超えた』『未曽有の』などという言い訳が通用するんです。だから真剣にやらない」

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪