著者のコラム一覧
植草美幸恋愛・婚活アドバイザー

恋愛・婚活アドバイザー。1995年、アパレル業界に特化した人材派遣のエムエスピーを創業(現・代表)。そこで培われたコーディネート力と実績を活かし、2009年、結婚相談所マリーミーをスタート。業界平均15%と言われる成婚率において、約80%の高い成婚率(※)を誇り、成婚件数 も1000件以上を数える。著書は「ワガママな女におなりなさい 『婚活の壁』に効く秘密のアドバイス」(講談社)、『「良縁をつかむ人」だけが大切にしていること』(諏内えみ氏との共著、青春出版社)、「結婚の技術」(中央公論新社)、「なぜか9割の女性が知らない婚活のオキテ」(青春出版社)など多数。(※)成婚退会者数÷全体退会者数で算出。

高橋一生や堂本剛の結婚に憧れるのは非現実的だが…40代でモテ期が来る男性の特徴とは?

公開日: 更新日:

 彼には1カ月かけて美容室で身なりを整えて、スタイリストにショッピングに同行してもらい、服の選び方を学んでもらいました。たったこれだけですが、お見合いからデート、仮交際に進む確率がグンと上がり、あっという間に成婚に至りました。

 急にかっこ良くなって結婚した男性たちは、その過程で、職場でもパートの40、50代の女性たちに「かっこよくなったねって言われるでしょ?」「どうしたの?恋してるんでしょう?」と声をかけられたと話しています。本人もそれが嬉しくて美意識が上がって行きますし、周囲が気付くほどの変化がなければモテません。恥ずかしがらずにイメチェンをすることが必要です。
 
 今、アラフォー男性で人気のある職業は外資IT企業、コンサルティング業界の会社員が圧倒的です。商社勤務は転勤や帰宅が遅いなどの理由で、希望する女性が減っています。ひと昔前は花形だった銀行員も、婚活市場での人気は低迷しています。ちなみに役職は重視されていません。

 まず外見的な大きな変化があって、さらに年収や経歴を見て女性は興味を持ちます。特に40代以上の男性が30代以下の女性と成婚するには、”見た目”と維持するための努力が重要です。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」