史上32匹目! 激レアなアンコウの死骸が米オレゴン州の海岸に打ち上げられる

公開日: 更新日:

 米オレゴン州で極めてまれな深海魚の死骸が打ち上げられ、話題になっている。

 同州キャノンビーチの海岸を散歩していた人が発見したのは、「パシフィック・フットボールフィッシュ」というチョウチンアンコウの一種。

 同州のシーサイド水族館によると、光が届かない水深600~1000メートルに生息する極めてまれな深海魚で、これまでにニュージーランド、日本、ロシア、ハワイ、エクアドル、チリ、カリフォルニアなどで31匹しか確認されておらず、これは32匹目。オレゴン州では初めてだという。

 生態はほとんど知られていないが、雑食性で、他のアンコウの仲間同様、光を放つ前頭の誘引突起で餌を誘って捕食する。メスはオスの10倍も大きく、獲物を取るのはメスだけ。オスは目と内臓を失い、すべての栄養を寄生するパートナーのメスから得る。オスはメスに精子を提供するためだけに存在しているという。

 同水族館によると、この激レアな深海魚がなぜ海岸に打ち上げられたかは、専門家にとっても全くの謎。死骸は標本にしたりせず、そのまま海岸に放置して、自然のサイクルに任せたという。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代