2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

公開日: 更新日:

 朝日新聞社刊『大学ランキング』掲載の河合塾の学力偏差値による「私大入学ランキング」から、2018年度版(2017年入試データ)と2025年度版(2024年データ)と比べ、私大で難化しているケースをおおよそ偏差値50~52.5以上に限って、学部系統別の偏差値の順に探ってみた。

 同じ大学の同系統の学部でも、2025年度版でランクが違う場合には上位から上昇率が高い順に紹介している。また学部の新設や学部改編したケースは除いてあるので、あくまでも事例として参照していただきたい。

■社会科学系で偏差値が上がった大学・学部は?

 まず社会科学系である。立教大経営・法、上智大経済・総合人間科学、青山学院大経済・経営、同志社大社会・経済・商、学習院大法・経済、中央大経済・商、法政大法・社会・経営・経済・現代福祉、成蹊大経済、関西大社会・法・政策創造・経済・商、成城大法、国学院大法・経済、東洋大社会・経営、武蔵大経済、明治学院大法・社会、駒沢大法・経済・経営、専修大法・商、近畿大総合社会・法・経済・経営などが挙げられる。

 特に立教大経営と法政大法のランクアップが目立った。立教大の経営は、BLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)が注目され、受験生の人気を集めた。またGMARCHクラスで、法学系が公務員人気や資格志向の影響で、女子受験生が増加しているようだ。 成城大・ 明治学院大・ 国学院大なども同様だろう。ただ日本大は易化している。関西圏では同志社大や関西大、近畿大の健闘が目につく反面、関西学院大がやや易化傾向にある。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽