「つばさの党」の異様さの正体は…迷惑系YouTuberとは違う「何か問題でも?」なオラオラ意識か

公開日: 更新日:

■過去のカルト的な選挙運動とは共通性なし

 カルト的な選挙運動と言えば、1990年の衆議院選挙に出馬したオウム真理教の候補者が思い出されるが、井上氏はオウム真理教の選挙運動との共通性は見いだせないという。

「オウムの政治団体たる真理党の選挙運動は麻原彰晃や象の被り物といった『内輪ネタ』に終始しており、実に内向きなものでした。一方、つばさの党は選挙妨害という実に攻撃的なものであり、“外弁慶”極まりないものですから、全く違うと言ってよいでしょう」(井上氏)

 つばさの党の攻撃性は、他に類を見ないと指摘する井上氏。ただ、奇抜な選挙運動を展開する候補者はこれまでも絶えなかった。その最たる例と言えそうなのが毎回多数の泡沫候補が立候補することで有名な東京都知事選だが、その公示日は6月20日。となると、同党に共鳴した人物の出馬を誘発する可能性はあったりするのだろうか。

「これまでにも選挙妨害の様子がYouTubeなどで拡散されたこともありましたが、それは、つばさの党ほど執拗なものではありませんでした。それでも、ネット世論はそれを許容しませんでした。つばさの党はさらに酷いところからして、同党を支持する動きは今回の騒ぎを最後に消滅するのでは。都知事選の公示まで持たないかもしれません」(同)

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで