著者のコラム一覧
金森たかこマナー講師

大阪府出身。ビジネスマナー講師として、企業や行政機関などで講演・研修・コンサルを行う。フリーアナウンサーとしても活躍。

「お食事」「ご住所」…「お」と「ご」の違いを知っていますか?

公開日: 更新日:

敬語の基本編(5)

 前回までに、尊敬語と謙譲語の基本的な使い方、そして、よくある間違い敬語について見ていきました。

 なかには、どうしてこれが間違いなの? というような表現があったかもしれませんね。間違いやすい敬語には、いくつかのパターンがあります。敬語マスターになるには、まずはそのパターンを知り、敬語のルールを理解する。そして、実際にどんどん使ってみることが大切です。敬語は、使わなければ身につきません。

 人間ですから、言葉遣いを間違えることもあるでしょう。そんなときは、ただ落ち込んで終わりではなく、ではどんな言葉を使えばよかったのか、周りの人はどんな言葉を使っているのかをしっかりと振り返って考える。そして、次は間違えないように意識する。そんな小さな積み重ねが、言葉に対する感性を磨き、自信にもつながっていきます。

 今回は、社会人としての基本の言葉である「丁寧語」と、日常、何げなく使っている「美化語」について見ていきましょう。

【丁寧語】

「です」「ます」「ございます」など、相手に対して丁寧な言葉遣いをすることで、敬意を表す言い方。文の終わりに使われることが多い。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント