採用面接で「おでこ」は隠してはいけないの? 水原一平容疑者で火が付いたウワサの真偽

公開日: 更新日:

 違法賭博に手を染め、24億5000万円以上のカネをロサンゼルス・ドジャース大谷翔平選手の銀行口座から不正送金していたとして、専属通訳を解雇された水原一平容疑者(39)。事件発覚後、SNSでは水原の髪形をめぐって、ある話題で持ちきりとなった。

〈前髪でおでこを隠しているヤツはだいたいヤバイ〉〈マッシュルームヘアは絶対に採用してはいけない〉

 SNSでフォロワー数の多い経営者やビジネス系インフルエンサーなどから、こうした発言が聞かれたのだ。

 おでこを隠すのは、心理学や人相学で“自信のなさの表れ”と言われることもあるが、どうやらおでこを隠す人間は“隠し事が多い”“嘘が多い”などと解釈されているという。

 一方で、こうした意見に〈単なる思い込み〉〈偏見だ〉〈くだらない〉という声も少なくない。

 実際、採用の現場などでこのような言説は一般的なのか。人事ジャーナリストの溝上憲文氏はこう話す。

「以前、ZOZO創業者の前沢友作さんが『部屋に入ってきた瞬間にこいつ採用、こいつダメって瞬時にわかる』と発言したことがありましたが、あまりに非科学的なので批判記事を書いたことがありました。こうした時代錯誤な考えを持つのはアラフィフ以上に多い印象です」

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪