ペットの療養食、サプリ、医薬品…横行するネット販売に思うこと

公開日: 更新日:

 ワンちゃんもネコちゃんも、年を重ねると腎機能が低下しやすくなります。あるワンちゃんに点滴治療しながら様子を見守ると、血液検査は改善傾向がみられましたが、腎臓は再生能力がなく、治ったというより悪化させないための下支えのイメージです。

 それでもワンちゃんの調子はよくなり、食欲が増してきたので、腎臓に負担をかけにくい低ナトリウム、低タンパクの療養食をお勧めしました。すると、納得して当院で用意しているものの一つを購入していただいたのですが、その次の診察でこう言われたのです。

「先生がおっしゃった通り、療養食はよく食べてくれました」との言葉に続いて爆弾発言が。「同じものをネットで見つけて安く買えました」と。

 療養食は、原材料費の高騰や輸送費の値上がり、円安などが重なり、私が開業したころより2倍近くになっています。そんな高さから、療養食を押し売りすることはありません。あくまでもかかりつけ医としてワンちゃんやネコちゃんの体を守るための補助として在庫を準備しています。

 ところが、一部の獣医はそんな事情に関係なくネットでの販売ルートを構築。メーカー希望価格を明記するものの、セール期間やポイント還元などで事実上の値下げがまかり通っています。自由競争といえばそれまでですが、格安のネット販売が横行すると、本来、動物病院に入るべき利益はネット販売の獣医に流れてしまいます。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪