お財布に優しい「ド根性植物」8選 ほっぽらかしなのに毎年勝手に咲いてくれてありがとう

公開日: 更新日:
コクハク

一体どこから生えてるの?

 猫店長「さぶ」率いる我がお花屋の店先に、一体どこから生えているのか分からない「羽衣ジャスミン」が咲いています。勝手に土台にしたシマトネリコの樹のてっぺんから滝のように枝垂れ、ものすご~く綺麗。夜になるとあたり一面、芳香漂わせております。

【笑う花には福来たる】

 土台にされた側のシマトネリコも仮置きのつもりが、いつの間にか根が素焼きの鉢をぶち破り、斜めに持ち上がり、コンクリートの地面に這いずってすっかり店先に根を下ろしてしまいました。「屋根の下なのにどうしようかなぁ…」と見事に咲いたジャスミンを眺めながら、今年もフワ~っと考えているワタクシです。

 我が店のジャスミンもシマトネリコもド根性な植物。ローメンテでラクっちゃぁラク。ジャスミンなんて植えた覚えさえないw。

 そう思ってあたりを見渡せばド根性植物が一生懸命、花を咲かせております。

 今回はいま植えたら「毎年勝手に咲いてくれてありがとう! お財布に優しいローメンテなド根性植物」のご紹介です。

こぼれ種で増えていく…

 毎年花を咲かせる植物には多年草と宿根草があり、違いは分かりやすく申し上げると、一年中葉っぱがアルorナシ。多年草はアリ、宿根草はナシでございます。

 一年草と呼ばれるその年しか楽しめない植物であっても結実した種がこぼれて、翌年花を咲かせてくれる…なんてものもたくさん。いまの季節、お花屋さんで購入して植えておけば来年も期待できる。

 そんなワタクシが好きなマストバイな植物を、ご紹介させていただきます!

1. カモミール

 小さなマーガレットのような可愛らしい白いお花がどんどん増えて、土なんてあるっけ(?)的な場所でも咲いたりします。

2. クリスマスローズ
 半日陰な場所に植えれば増えていく。ただし、こぼれ種が咲くのは2~3年後。

3. 忘れな草

 前年売れ残った苗を置いた場所から咲いています。移植を嫌うので、こぼれ種で勝手に咲いた花のほうが元気が良いw

4. リナリア

 1月期クールのTBS系ドラマ「Eye Love You」の劇中に登場した花。「この恋に気付いて」の花言葉で一気にフォーカスされました。可愛くて勝手に増えますが、河川敷に群集している光景を見てこんなところでも…と、ビビりました。

5. ニゲラ

 切り花としてもなかなか熱い商材です。はかなげな印象の花と葉がナチュラル感ハンパない。種が食べられる品種もアリ。ビタミン豊富で抗酸化作用バッチリ。コレステロールを抑えたり“医者いらず”と呼ばれる食用種もアリ。

6. ダーグベルクデージー
 可愛らしい小ぶりで黄色い花が春先から初冬まで咲いている印象。葉もフワフワでニゲラ同様、ナチュラルでキュートです。

 土のわずかな場所からもこぼれ種から開花。背が高くなってウザってぇ! と思い、短く刈り込んでも大復活。怖いわ(もちろん、いい意味で)。

7. カレンジュラ
 ひと言でいっても結構なパターンの形状。ワタクシ的に「あー良いなぁ」と思ったのは、冬の間も咲いている「冬知らず」というカレンジュラです。

 勝手に咲いてくれるものの、爆発的に増えるわけでもなく、お利口さんに身の程をわきまえながら庭の名脇役として君臨。

8. 矢車草

 一度植えるとどんどん広がっていきます。花びらは乾燥させて紅茶葉に混ぜて飲めるし、色鮮やかなドライペタルでポプリとしても使える。移植を嫌い、連作も嫌う。

 勝手に毎年移動しながら咲き続けていく。

ド根性植物に元気をもらおう

 あげたらキリがないローメンテなド根性植物。今入手可能なものを集めてみました。ただただ気をつけていただきたいのは「増え過ぎ注意報」。ここにはいらないな~と思う場所は除去する、あるいは種が溢れる前に花がらを処理するなど、最低限のお手入れは必要です。

 初夏に差しかかるいま、パンジーやビオラは終わりを迎えますが、来年もこぼれ種を期待するのなら撤去するまでの間、花がらは取り除かずに種を作り、ほっぽらかしにすれば期待できるかもよ~、ご期待あれ!

 ちょっと疲れたくらいで文句ブーブー言ってるワタクシ。ド根性植物の彼らから見たらオマエ甘いぞっ! って叱られそうですw

 ちょっとお疲れ気味なアナタ。ド根性植物に元気もらって今日も健やかに一日過ごせますことを…遠いお空の向こうからお祈りしておりますよ~。

(斑目茂美/開運花師)

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル