水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

公開日: 更新日:

 2021年オフに「最優秀通訳賞」にも輝いたかつての片腕は、自身の「ネコババ」がバレないように、通訳という立場を利用して「妨害工作」を繰り返していた。

 大リーグ・ドジャース大谷翔平選手(29)の元通訳の水原一平容疑者(39)が、大谷の預金口座から1600万ドル(約24億6000万円)以上を不正送金したとして、「銀行詐欺罪」で訴追された。

 水原容疑者は賭博疑惑発覚前、大谷の代理人を務めるネズ・バレロ氏や、同氏から会計業務を依頼された会計士による口座確認を繰り返し阻んでいた。

 米連邦検察が連邦地裁に提出した訴状によると、バレロ氏が水原容疑者に何度も大谷の口座について問い合わせたものの、水原容疑者は「ショウヘイは『プライベートな口座なので誰にも監視させたくない』と言っている」と虚偽の説明をしていた。

「大谷の口座に利息が発生したり、多額の贈与が行われた場合、確定申告を行う必要がある。そこで22年10月、大谷の税金申告を担当する会計士が、水原通訳を通じて大谷と面会するアポイントを取った。ところが当日になって現れたのは水原通訳1人で、大谷は何も知らされていなかった。水原通訳は『大谷選手は病気だ』とウソをつき、『大谷選手は口座の非公開を望んでおり、利息や贈与はなかった』と口からでまかせを言っていた」(現地記者)

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル